ルイボスティーは「野生のもの」が効果倍増な理由。

少しずつ、秋の涼しさがやってきました。

私は温かい飲み物が好きなのですが、(コーヒーフリークです)

 

特に妊娠をきっかけに、

ノンカフェインのルイボスティーを常備するようになりました。

 

ルイボスティーは、南アフリカのルイボスという針葉樹の葉を乾燥して作られています。

アフリカでは、病気を治すお茶として珍重されていたそうです。

 

健康効果がたくさんあることから注目が集まり、

今やコンビニやスーパーでも並ぶようになりました。

一般的な人工栽培のものと、野生(オーガニック)の違いは何でしょうか?

ルイボスティーの効果と一緒にご紹介します。

 

ルイボスティーの効果

カフェインレスなだけじゃなく、女性に嬉しい効果と効能がたくさん。

 

抗酸化パワーでアンチエイジング

「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化成分(酵素)が含まれていて、

活性酸素を除去し、体の免疫力を高めて細胞の新陳代謝を促進をする。

お野菜の10~50倍の抗酸化力があるそうです。

 

ミネラル豊富で美肌効果やむくみにも

鉄、銅、亜鉛、マンガン、マグネシウム、カリウムなどのミネラルや、

ビタミンC、カルシウムなど美肌作りに欠かせない成分もバランス良く含まれています。

肌荒れや乾燥肌の改善にも役立ちます。

リンパや血のめぐりをスムーズにさせて体温が上昇されるため、

老廃物や余分な水分を排出するデトックス効果があります。冷え性やむくみにも効果的と言われています。

 

フラボノイドでストレス軽減、リラックス効果も

ルイボスティーに含まれているフラボノイドには、ストレスを抑える効果があります。

また、たくさんの栄養素が、体内のエネルギー活動を活発にし、体温を上昇させてくれます。

ノンカフェインなので、寝る前に飲むことで安眠も期待できます。

 

野生ルイボスティーを勧める理由

 

ルイボスティーを色々試して飲んできたのですが、

最終的にたどり着いたのが、

この「野生のルイボス」です。

野生のルイボスティー 母なる大地

 

こちらの母なる大地(マザーアース)ルイボスティーは、

独特の香りのクセがなく、とても優しい甘みで飲みやすいです。

野生のルイボス葉を100%使用しているので、オーガニック(無農薬)です。

 

人工栽培 vs 野生(オーガニック)

国内の一般的な人工栽培のルイボスティーに比べて、

野生(オーガニック)の希少性とワイルドさ(生命力)は凄まじく、その効果もより大きいと推測します。

 

デトックス(お通じ)効果が絶大

野生ルイボスティーを飲み始めてから、ほぼ毎日快腸です。

(一般的なルイボスティーを飲んでいても効果は感じなかったです)

美肌などの効果は、色んな要因を受けるため、実感しにくいのですが、

デトックスは明らかに野生ルイボスティーを飲んでいる日とそうじゃない日で違います。

個人との相性もあると思いますが、

長女のうーちゃんの便秘に悩まされた時も、飲ませると効果絶大でした。

 

毎日続けるにはパックで煮出しを

 

何事も、継続しないと効果が出ないですよね。

 

我が家も毎日続けるために、煮出しパックタイプを買ってます。

お徳用50パック入りで3,240円です。

 

1パック=約65円で、1.5ℓ作れます

 

コンビニで500mlボトルが140円くらいと思うと、かなりお得です。

そして、パックがあると勿体無いから嫌でも作るようになります。

 

我が家はヤカンがないので鍋です

 

耐熱容器に入れて保存。

夏は冷やして、涼しい時は常温orホットで。

ストックしていつでも飲める

 

私が推す「母なる大地(マザーアース)のルイボスティー」は現在、

公式ページと一部取り扱い店舗のみの販売になってしまいましたが、

 

少量販売もあるので、ぜひお試しください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA