なかしましほさんの和洋「あんこおやつ」を色々作ってみた

お正月に小豆を大量にいただきました。

小豆を煮るのは始めてなので、あれこれ調べて、なかしましほさんの「かんたんあずき」と白崎裕子さんの「皮ごとこしあん」2通りでやってみました。

小豆は他の乾燥豆たちと違い、水に長時間つける工程がなく、鍋とざるだけを使って、1時間半ほどでできてしまうので、思ったより気楽でした。

そーしーてー、

できた大量のあんこで、なかしましほさんの「あんこおやつ」レシピに色々挑戦しました。レシピはオンラインで公開されているもの紹介していますので、ぜひお試しください!

あずきを煮る

なかしましほさん「かんたんあずき」

ほぼ日刊イトイ新聞で連載されていた抹茶ババロアのレシピから。下の方までスクロールすると、「かんたんあずき」と書かれたレシピが載っています。

参考 抹茶ババロアちいさなレシピを1ダース
  • あずき1:砂糖1
  • 所要時間は1時間半程
  • 使用道具は鍋、ざる

白崎裕子先生「皮ごとこしあん」

こちらは、オーガニックレシピで有名な白崎裕子先生のクロワッサンの連載より。分量と作り方は動画の中で紹介されています。

参考 Vol.50 皮ごとこしあんクロワッサンonline
  • あずき1:砂糖0.5〜
  • 所要時間は1時間半程
  • 使用道具は鍋、ざる(&こしあんにする場合は、ブレンダー)

レシピの違い

どちらのレシピも、工程と所要時間はほとんど同じです。簡単でとても美味しいです。

  • なかしましほさんのレシピは「つぶあん」
  • 白崎先生のレシピは「こしあん」
  • お砂糖の分量(0.5〜お好みで調節して良い)

白崎裕子先生のレシピではこしあんにするために「ブレンダーで攪拌する」という工程が入ります。また、個人的には、あんことお砂糖の割合が1:1だと甘すぎて、お砂糖は7割〜8割くらいがおすすめです。

あんこおやつ色々作ってみた

 

自他共に認めるあんこ好きのなかしましほさん。あんこだけのレシピ本も出されています。 今回は、そんななかしましほさんのレシピで色々な「あんこおやつ」を作ってみました。

あんこと胡桃のおやき

なかしましほ おやき 胡桃とあんこ

なかしましほさんのレシピ本「まいにちおやつ」から。おやきは、クックパッドの似たレシピでも作れます。

参考 信州名物☆野沢菜おやきクックパッド

中身は、つぶあんにお好みでローストした胡桃と塩を少し加えて。具材たっぷり入れて。皮がパリパリっとしてて美味しいです。

簡単あんまん

あんまんは、ほぼ日の連載レシピから。生地作りもとっても簡単です。中身を包むときに、生地が薄くなりすぎると、蒸すときに生地が膨らんで破けます。

参考 No.3 中華まんちいさなレシピを1ダース

4歳と1歳の子供達は、2人ともこれを一番喜んで食べてました。

あんこクリームのシフォンサンド

「Foodmood」の看板メニューでもある、シフォンサンド!こちらも、無料公開されているなかしましほさんのシフォンケーキレシピで。あんこと生クリームはお好みの量を挟んで。

参考 とてもくわしいシフォンケーキのレシピほぼ日

作り方がとても詳しく解説されていて、コツもたくさん教われます。めちゃめちゃ膨らむシフォンケーキが作れるので、ぜひご覧あれ。

おぜんざい

ど定番の、おぜんざい。あんこをお湯で緩めて、少し甘酒を加えました。そこに、お正月で余って冷凍していたお餅を焼いて入れて。

あったまる〜。

あんこおやつって多彩!

 

「あんこ=和菓子、昔ながらのお菓子」というイメージがなんとなく強かったのですが、今回作ってみて、あんこって意外と色々作れるんだな〜と知りました。

なかしまさんのあんこレシピ本も買おうかな・・・。これなんですが、目次見るだけで楽しそうなんですよね!

なかしまさんのおかし作りは、他にも紹介しています。良ければ覗いてやってください。

なかしましほさんのバナナブレッドで朝食を。たった1つの「コツ」は? 米粉で作る、なかしましほさんのケーキ系レシピ(シフォン、キャロット)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA