幼児期のyoutubeは「見せ方」と「見た後」に注意

新世代エンターテイメントの筆頭、youtube。

多くの子供達が釘ずけになっていますよね!

 

我が家のうーちゃんも例外ではなく、

3歳過ぎから動画の魅力にハマり、

今ではテレビ番組やアニメは皆無で、youtubeオンリーです。

 

これも次世代の価値観なんだなーと、youtubeを新たなエンターテイメントの1種として、

見せる、見せないという軸ではなく、

子供にプラスになるような見せ方と活用法を考えていきたいと思います。

 

次世代エンタメ、youtubeの魅力

子供達のyoutube=動画愛が世間でこれだけ強いということは、

何かそこに、次世代の感性を惹きつける魅力があるんだろうと思います。

 

私が子供の頃は、スーパーファミコンを皮切りにゲームが大流行りして夢中になりました。

親の世代からすると何が面白かったか分からなかったのと同じなんだろなあと思います。

 

テレビ番組のカメラマンとして働いていた義父とこの話をしていると、

動画は、次の瞬間に何が起こるか分からない面白さがある」と。(納得感あるー)

 

確かに、youtubeに限らず、テレビ番組やネットでも、

台本や演出が考え抜かれた(予測できる、法則性のある)コンテンツから、

ドキュメンタリーなもの(スポーツやお笑いコンテスト、情報番組)が生き残っているし、

子供達にまだ人気があるイッテQなども「予測不可」な要素を取り入れている気がします。

 

ことyoutubeの幼児/子供向けコンテンツにおいては、

素人の方や子供達が自由に「遊ぶ」「やってみる」というスタイルが多く、

何が起こるか予測できない、といったワクワク感に加え、

「身近である」や「自分も真似できる」という要素も加わります。

 

また、我が家のうーちゃんのようにHSPの子達にとっては、

悪者が出てきたり起承転結でドキドキする場面が必ずあるアニメより、

youtube(日常に近い)の方が安心して楽しめるのかなーと感じています。

 

このように、今までの視聴系エンタメにはなかった魅力がyoutubeにはあり、

次世代キッズの価値観を反映しているのでは、と思っています。

 

youtubeを見る時のルール

我が家では、youtubeは視聴エンタメの1種として捉えているため、

youtube時間 = テレビ時間として、いくつかのルールを設けています。

 

1.  大きな画面で、離れて見る

家では基本的に、スマホやタブレットなどの小さい画面ではなく、

大きい画面のテレビで離れて見るようにしています。(プレステ使用)

散らかしカモフラージュ

視力が落ちる原因はテレビ自体にはなく、

長時間に渡って近距離を集中して見ることだと言われていることと、

周り(家族)の動きや環境の変化にもアンテナが張れる状況を意識しています。

 

2.  外出時はyoutubeを見ない

長距離移動などの例外をのぞいて、外出先ではyoutubeを(極力)見ません。

外にいるときは、色々な刺激や感性があるので、そこに目を向けて欲しいためです。

そのためには、親としてもできる限りスマホを取り出さないことも大事になってきます。

 

3.  メリハリをつける

家でも、1度youtubeを見だしたら長時間止まりませんよね〜。

そんな時は、ひとまず気がすむまで見せることも大事かと思います。

ただ、幼児期はできるだけ様々な経験をすることが大事だと考えているので、

youtubeだけに時間を費やすことがないように注意しています。(2.もそうです)

平日は日中保育園に行っているので家では見たければ自由に見ていますが、

休日は外へお出かけをするし、家でもみんなで楽しめる遊びに没頭させたり、

絵本を楽しむ時間を設けたりして、バランスを心がけています。

 

4.  子供に自分で決めさせる

我が家では、本人に選択させる(つけるのも消すのも)ことを意識しています。

リモコンやコントローラー操作も自分で

親に消された、制限されている、と子供が感じてしまうと逆効果で、

反動で欲がどんどん出てくるからです。

それでも、家でyoutubを長いこと見てるなーと思ったら、

「レゴで○○作ろうよ」「○○ごっこしたいよ〜」「○○のお料理しよう」など

うーちゃんが楽しめることを誘って、本人にそれをするかどうか選ばせます。

「今動画見てるからヤダ」とか「これ見たらね」とか、返答は様々ですが、

「ママ(たち)が何か楽しいことをやっている」と気になり、

「youtubeは(制限されていないので)いつでも見られる」と思うことで、

動画を辞める選択肢を取ることも多いです。

 

youtubeならでは?プラスになる見方

我が家では、うーちゃんがyoutubeを見ている時も、

積極的に関わるようにしています。

 

1.  子供が思考力を働かせる質問を投げる

「これはどうなっているんだろうね」「どうやって作ったんだろうね」

「なんで色が変わるんだろうね」「うーちゃんだったら、どうする?」などなど、

視聴をしていく中で、子供が思考力を働かせそうな質問を投げかけます

そうすることで、「ただ見ている」状態から、

「活動的に見る」(アクティブラーニング的な?イメージ)ようになります。

幸い、youtubeは登場人物も扱うものも身近なものが多いので子供もイメージしやすいです。

 

2.  実際にyoutuberを真似してやって見る

youtubeでたっくさんアイデアやインプットを得たら、

実際にうーちゃん自身がアウトプットをする時間も設けます。

(というか勝手に取り入れられますよね)

おままごと遊びしかり、お風呂遊びしかり、

youtuberの真似をすると夢中で遊んでいられることも多いです。

工作やお料理などは参考にして、オリジナルを作って見てもいいと思います。

アイデアを得て真似をして、自分のオリジナルな遊びに転換していけるといいですよね。

 

3. 動画を撮って自分を客観的に見る

2.の延長になりますが、youtuberの真似をして、

うーちゃんが遊んだり踊ったりするのを、動画を撮っています。

それを本人が見ることで、自分を客観的に俯瞰することができます。

「自分が見ている視点と、他人から見えている視点は違うんだ」と言うことを、

感覚的に掴むことができます。

考察することで、「もっとこう表現したい。次はこうしよう。」と改善をしていきます。

 

良く、運動やスポーツでも、

自分のフォームやプレーの動画を撮って見ることがあります。

客観的に自分の動きを見ることで悪い点や良い点を明確に把握することができ、

改善すべき点を定めることができます。

また、動画を撮り続けることで、実際にどのように改善されたかを比べることができます。

(効果的な方法として知られています)

それに似た感覚ですね。

 

自分も参加することで、youtuberを「お手本」や「比較対象」(スポーツで言うライバル)

として意識して見ることができ、

「自分ならどうするか」と思考することに繋がると思います。

 

親も上手に馴染んでいく

新しいものや考えが世の中に出てきて勢いを増すと、

ポジティブなことよりネガティブなことの方が注目されがちな気がしています。

エンターテイメントの世界に限らず、人や政治、テクノロジーに関してもそうですよね。

人間にとっては、慣れ親しんだものの方が安全で安心で、

知らないもの、新しいものには不安や恐怖がつきものです。

 

(やや大げさになってしまいましたが)

新しい価値観、新しい技術に慣れ親しみ、

周りに左右されずに自分で積極的に良い面と悪い面を見極め、

それを上手に活用していくことが、特に子育てにおいては大切なのでは。

 

我が家も、色々なことにアンテナを張りつつ、情報に惑わされない、

家族の方針や育児の軸を確立していけたらいいなーと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA