4歳長女が砂遊びで化膿して完治に1ヶ月かかった話

うーちゃん(4歳)の敏感肌っぷりを先日紹介した矢先に、

(“子供の敏感肌・超乾燥肌はどうケアする?皮膚科に通い続けた結果”)

今まで経験したことがないトラブルが発生しました。

 

それは何の前触れもなく、ある日突然、

うーちゃんが「ねえ、見て見て」と親指を見せてきたところから始まりました。

 

「なになに?」と呑気に見ると、(何か作ったのかと思いました)

親指の爪の付け根が膿んでいました。

 

「・・・ええっ!!」

 

それまで何の兆候もなかったのでびっくり。

本人は痛がったり痒がったりしていなかったのですが、

慌てて次の日いつも通っている皮膚科に連れて行きました。

(院長先生は待ち時間が長いので、女性の先生に診てもらう。)

 

すると、

 

先生「化膿してますね。砂遊びが原因かな。」

 

(砂遊びで化膿するんですか!?)

 

先生「傷に菌が入りやすいですから。ひどいと手術することもありますよ。」

 

(!!)

 

ひえー。初めて知りました。

砂遊びした後には、隅々まで綺麗に手を石鹸で洗い流すことが重要だそうです。

 

最近うーちゃんの手洗い雑いからなー。

 

幸い、うーちゃんの化膿具合はそこまで酷くなく、

本人も痒がらないしとびひにもなっていないとのことで、

バラマイシン軟膏のみを処方してもらい、帰宅。

傷が治るまでは砂遊びは禁止とのことでした。。。

 

これですぐおさまるかと思いきや、

大変だったのは、ここからです。

 

お薬を塗ってガーゼをするのは良いのですが、

日中はたくさん遊んだり手を洗ったりするので、

濡れたり汚れたりでなかなか治らないどころか、

化膿しているエリアがどんどん広がっていく・・・(ゲゲゲ)

 

またまた慌てて皮膚科へ。(今度は違う女性の先生)

同じ処方で、ガーゼの上からネットをかぶせてもらって、

それを使うように言われました。

 

これで少し良くなったのですが、またぶり返しました。

処方してもらって良くなるけど治りきらずにまた化膿が広がる、

そんなこんなを繰り返して、

結局4週連続、皮膚科に通うこと羽目になりました。

 

最終的には、院長先生に診てもらうことになり、

(待ち時間は2時間ほど・・・)

 

院長「あー。これ、軟膏だけじゃ治らないよ」

 

(そうなの!?ここで診てもらってたんだけどな・・・)

 

と、今までと違う処方をしてもらうことに。

ボチシート20%。シートごとでデカイ。

ボチシートという、収れん剤です。

皮膚または粘膜組織のタンパク質を沈殿させて被膜を形成し、

細胞膜の透過性を減少する薬。だそうです。

これを、小さいサイズに切ってリンデロン軟膏を塗った上から貼り付けます。

 

すごくネバネバして、服や他の肌につくと水では取れないらしく、

拭き取り用のオリーブ油も一緒に処方されました。

 

これの効き目が抜群で、

次の日の朝、グッと良くなってました!!

それまで乾かなかった化膿部分の炎症が収まり、傷口が乾いて、

新しい肌が再生されてきていました。

 

なかなか治らないのでヤキモキしていた気持ちがやっと収まり、、

自宅でも同じケアをすることで、2日ほどでほぼ治りました。

 

化膿発見時から、完治までおよそ4週間かかり、

久しぶりにうーちゃんの皮膚トラブルでドキドキした事件でした。

 

早め&小まめに皮膚科に行ったは良いのですが、

待ち時間が長くても、最初から院長先生に見てもらうべきでした。

 

また学びました。

大したトラブルじゃない、定期健診の時は他の先生でも良いんですけどね。

待ち時間は外出してOKなのでその間遊べます。

ボチシートは丸々3枚渡されたけど、写真で切ってあった分しか使わなかったから、

ほぼ余ってます。。。もう少し小単位で処方してくれたらいいんですけどね、

衛生上の問題とかあるんでしょうね。

またなった時のためにとっておきます。(もう経験したくないけど!)

 

これからは、砂遊びのあとはきっちり手を洗うことと、

傷がある時は、どんなに小さなかすり傷でも、

ばい菌が入らないように注意せねば。

 

皆さんも、お気をつけてくださいね〜。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA