4歳長女の習い事探し。好きこそ物の上手なれ。

長女のうーちゃんが7月で4歳になり、「そろそろ習い事を始めようかなー」と思いつつ、先延ばしになっていました。

実は3歳半頃に一度、体操教室の体験に行ったことがあります。

小さな部屋で行うリトミックの延長のようなものだったので、その時は、「これなら自然があるところで遊んだ方が良いな」という話になりました。

今では、うーちゃんも色々なことに興味が出てきて、年齢的にできる範囲も増えたので、何か特定のことを、もっと深く知り、頑張る経験ができるといいなと思っています。

習い事体験の選定方法

 

様々な習い事の体験に、片っ端から行ってみる!のがベストですが、時間もお金も限られているので、効率的にお子さんに合いそうな習い事をいくつかピックアップしたいところですね。

興味があるものをリサーチする

日々の生活の中で、必ずお子さんが「興味のあること」や「得意なこと」があるはずです。ボールを使う遊びが好きなのか、音楽を聴いたり踊ったりするのが好きなのか、1人でじっくり絵を描くのが好きなのか。

興味のあることが定まっている様であれば、そこに関連する習い事をリサーチしてみましょう。例えば、ボール遊びが好きな子なら、パッと思い浮かぶサッカーや野球だけでなく、幼児期からのボール遊び教室「バルシューレ」などもあります。

リサーチをしてみることで、思っているよりも、もっと多くの選択肢が広がるかもしれません。

動画を見せてイメージを膨らませよう

興味があるかどうか分からない・・・という場合は、動画を見せてイメージを膨らませてみるのも1つの手です。我が家も最初は、うーちゃんが興味を持ちそうな習い事の動画を片っ端から見せて反応を見てみました。

  • 表現系 :バレエ、ダンス、フィギュアスケート、空手
  • スポーツ:サッカー、バスケ、野球、体操、テニス
  • 文系:  お料理、実験(サイエンス)

教室のジャンルは1回ずつ絞って検索

親としては、運動と文系と1つずつなんて思ってたのですが、運動(表現系とスポーツ)は全て却下。。。(ぐぬぬ)

やはり「お料理教室に行きたい」と即決でした。うーちゃんの性格から、予想はしていたが。

他は?と聞くと、「実験系」。保育園でも色水とかスライムとか好きだからなー。今は、知的好奇心を刺激するものの方がウケが良さそうです。

長続きするには

私もそうでしたが、親が選んだ習い事や自分の意思で行かない習い事は、結局長続きしないし、大人になったら全く覚えていません。最も有効な原動力はそれが上手か下手かではなく「好きになれるかどうか」です。

Point
本人の興味や「好き」を見つけてあげることを最優先にしよう

親の意向で何かを始めたい場合は、まず「親自身が楽しくやっているところを見せる」ことです。そうすると、自然と子供も興味を持って「やってみたい」と思うものです。

教室/チームの選び方

先生/コーチとの相性が重要

私自身の経験上、習い事やスポーツは、コーチや先生などの指導者に、上達や考え方/マインドセットの持ち方をものっっっすごい(これはマジです)左右されますので、そこは親御さんの見極めが必要です。

と言っても、じゃあ何を見ればいいのという話ですが、

  • 子供と真剣に向き合ってくださるか。(教えが業務化されていないか、情熱や向上心があるか。)
  • その分野での実績、経験、知識が豊富かどうかです。(元○○選手、賞獲得など)

後者は、ホームページの講師紹介や検索すれば大体分かることなので、特に注目する必要があるのは、1番の方です。

注意
プレーヤーと監督・コーチはそれぞれ別の才能なので、元スーパープレーヤーが、必ず一流のコーチになるとは限りません

複数の教室やチームを体験するべし

先生やチームとの出会いはご縁ですが、同じ習い事の分野でも、いくつか別の先生やクラス/チームを受けてみるとそれぞれの特徴を比較ができます。

我が家も、早速、今週の土曜日にお料理教室の体験を予約しました!

「幼児 料理教室」で検索すると、ABCクッキングなどの、大きいスタジオなどが真っ先に出てきましたが、毎回変わらず、料理教室オーナー本人が教えてくれるところが良いなと思い、地域のお料理教室に決定。

世界各国のお料理を月代わりで作るところと、和食料理がメインのところと2つの教室の体験に行くことになりました。私も(料理に)興味津々なので、とても楽しみです。

4歳、初めてのお料理(クッキング)教室はとにかく楽しかった!感想と思ったこと。

子供の「好きなもの」が心の支えになる

子供に「好きなこと」や「得意なこと」が見つかりそれを伸ばしてあげると、やがてそれは子供のアイデンティティ=自己を確立する要素 の1つになります。

「好きなこと」があると、引っ越しや環境の変化など、新しい生活の中での支えになります。

私自身も、小さい頃から走ったりスポーツをしたり、とにかく運動が好きでした。それがあったからこそ、小学校でアメリカに引っ越しした時も日本で新しい中学に入った時も、運動を通じて友達が作れたり自信を持ったりすることができました。

習い事を通じて、色々な分野における経験を積んで世界が広がっていく中で、子供の体の一部になり、心の支えになるような、「好き」を見つけてあげられたらなーと思います。

おまけ -マインクラフト-

マインクラフト公式サイトより

アメリカの小学生男児たちがアホほどハマってたマインクラフト。(言い方)日本でも大人気のようです。立方体のブロックで自由にものづくりをしていくゲームですが、設定でプログラミングも学ぶことができます。

習い事動画のついでにうーちゃんに見せてみると、これはめっちゃ食いついてました。

さすが動画世代。

まだ難易度高いかな、と思いつつ、興味ありそうなので試しにやってみようー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA