子供の早食いについて保育園の先生からのアドバイス

先日、保育園でそらちゃん(0歳11ヶ月)の個人面談がありました。 先生たちとの面談は1年を通じて1度、子供の園での様子や家庭での様子を共有したり、 気になっていることを話したりします。   のほほんとしていて、さほど手もかからず、概ね順調なそらちゃんですが、 我が家でも1つだけ心配していることが。。   早食いです。   以前の記事でも懸念していたのですが、 まーとにかく食べるのが早い!   食べるのが大好きで、 食事時間の30分前からはお腹空いたと主張し、 目の前におかれるや否や両手であむあむ。 一瞬でなくなります。   というのも、私も早食いなんですね。 親がそうだと子供もそうなりやすいみたいです。 長女も一時期猛スピードで食べていましたが、 今のそらちゃんほどではありませんでした。   どうしたものかと色々調べるも、 専門的な情報はなく保育園で相談してみようと思っていたところでした。   すると、保育園でも同じらしく、急いで食べてしまう傾向があると。 そこは園でも家庭でも改善の工夫をして様子を見ていきましょう、と。   私が、保育園の先生から受けたアドバイスを大きく2つです。  
  • 親自身がゆとりと余裕を持って食事に望むこと
まず何より重要なのは、心に余裕を持ってご飯を食べさせることだそうです。 急かしたり早く食べさせようとすると、子供もそれを感じ取ってしまいます。  
  • モグモグしようね」「音がするね」と話しかける
子供が食べている時にモグモグだよ、と噛む動作をして見せると、 子供もそれを見て真似して噛むようになるので、口に食事を入れるたびにする。   完了食期にこれから移行して、手掴みする機会は多くなりますが、 一回に置く量を調整したり、スピードを抑えたりして、 主導権は大人が握りましょう。とこんな感じでした。   確かに、いつもそらちゃんの食事の時は、 少し経つとフォローアップミルクを欲しがるので、 それまでにあげなきゃ!と急いでしまっている気がします。 そりゃあ大人が早いペースであげようとしたら、子供も早くなりますよね。   ミルクを欲しがったら欲しがったで量を決めて先にあげるようにして、 意識的にゆっくりモグモグーとか言いながら、 ゆっくり食事をあげようと思いました。   ウェブ上では他にも、
  • 噛まないと食べれない食材を取り入れる(タコや煮干しなど)
  • 食材を小さくしすぎず大きいカットで噛ませるようにする
  • ゆっくり食べようと声をかける
などが工夫するポイントとして見られています。   今のそらちゃんは、食べられるものが限られていたり、 食材を大きくすると嫌がられたりするので、 赤ちゃん用のおせんべいをよくおやつにあげています。

「早くくれー」

モグモグというよりはナメナメという感じだが、 時間は多少かかるしいいかと。   食事が早食いになるのは、「食べたい」という意欲があるからこそで、 食べることが大好きな証拠。 そこは前向きに、さらにサポートする気持ちで「モグモグ」指導していきたいなと思います。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA