長女(4歳)のヒップホップダンススクール体験。体は意識して伸ばしていないと硬くなることが判明

うーちゃん(4歳)の習い事探し(これまでの記事はこちらから)、初の運動系へ行ってきました!

楽しそうなヒップホップダンススクールを選択。

 

ちょうど祝日でキッズが少なく、うーちゃんを入れて4人でした。お得!

割と大きいお兄さんお姉さんもいました。(小学生低学年かな?)

 

レッスンの流れ

動きやすい服装で、スタジオへ入ります。

ヒップホップなスタイルのお兄さんが先生で、

大丈夫かな、と少し心配しましたが、すぐに馴染めました。

 

流れとしては、

準備体操→ 体操系 → 振り付けを習って踊る → お遊び(おまけ)ダンス

という感じでした。

 

ダンスだけでなく、意外と体操系の要素(スキップやケンケン)も入っていて、

幼児や小さい子供の内は、やはり基本的な体の動きから覚えて練習するんだなあと思いました。

ダンスも、体を上手く使わないとできないですもんね。

体操系をしている最中も、音楽はなっています。

 

レッスンで判明したこと

 

今回体験を行った大きいな収穫は、

 

うーちゃんの体がかなり硬くなってる!!!

 

ことが判明したことでした。(ちなみに私も旦那も硬いです・・・)

ストレッチをしている時の、他の子達と比べて衝撃的な硬さでした。

家でもやってみる。

2歳くらいまではすごく柔らかかったのに、

子供でも使っていないとこんなに固くなるんか!びっくり!

これってもともと筋肉が硬いとか、個人差あるんかな。

 

体が柔らかい方が当然メリットも多いので、(怪我しにくいし)

できるだけストレッチ習慣化したいと決心した母でした。

昔、体操教室で習ったストレッチ

これも、昔は頭と足がつくかつかないかギリギリのところまでいけてました。

身長が伸びたこともあるかもしれませんが、

確実に硬くなっている・・・!

対策を考えようー。

 

ダンスをやってみた反応と感想

 

ダンス自体は、振り付けを覚えて音楽に合わせて踊るのには、

若干ついていけず。

パー、クロス、しゃがんで、パー!みたいなの。

でも、めちゃ楽しそうでした。

 

リズム感がつきそうだし、頭と体の繋がりや反射神経が発達しそうです。

慣れれば、できるようになっていくんじゃないかな。

 

最後の遊び(おまけ)ダンスは、他の子供たちのリクエストで、

Da PumpのUSA

 

大流行ですね。きてますね。

私もちゃんと聞くのは初めてでしたが、これは耳に残る歌ですね。

 

しかし、うーちゃんには響かず。

家に帰ってリクエストしても踊ってくれませんでした。(音楽性の違い?)

 

すごく楽しんでいたのですが、

うーちゃんに帰ってからの感想を聞くと、「もう行かない」とバッサリ。(ええーっ)

楽しいと思えるまでは、ある程度通わないとダメなのかもしれません。

が、ダンスも保留の結果です。

 

今のところ、うーちゃんがお料理教室以外に熱意を注げるものはナッシング。

このままいけば、お料理教室一本です。

さて、どうなるかな〜

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA