100種類以上のグラノーラを食べたマニアのオススメ専門店とレシピ

これまで、マニアと称して、炭酸水、納豆、玄米などの紹介をしてきましたが、今回のグラノーラが最もマニア度が高いと言えます。

常にストックを置いておくくらい、とにかく、グラノーラが大好きです。

市販の物から専門店のもの、レシピ本から作ったグラノーラを合わせると、ざっと100種類以上は食べてきました

作る方法は驚くほど簡単で、材料を順番に混ぜてオーブンで焼くだけです。

簡単だからこそ、カスタマイズが幅広くでき、奥が深いのがグラノーラです。

今回は、そんなグラノーラの系統別「オススメ店舗&レシピ」をご紹介していきます!

グラノーラとは?

そもそも、グラノーラってなに?

という方のために。グラノーラとは、ロールドオーツや玄米、とうもろこしなどを主とした穀物加工品と、糖分(お砂糖、メープルシロップ、蜂蜜など)と油分を一緒に焼いたものです。

一般的には、シリアルの一種として知られています。

健康食品としても名高いですが、今回はその要素は割愛。

一口にグラノーラと言っても、味やフレーバーの違い以外にも、

具材はシード、ナッツ、ドライフルーツなど、

食感もサクサク系、ザクザク系、カリカリ系、

形状はひとかたまりのゴロゴロ型かサラサラ型と、色々な種類があるのが特徴です。

私がグラノーラにハマった理由

私がグラノーラにハマったきっかけは、大阪の中崎町にある、Granda Familioという焼きたてグラノーラの専門店です。

Granda Familioのオーガニックなグラノーラを初めて食べた時、

グラノーラってこんなに美味しいの!?

と感動し、それまでの私のグラノーラの概念を覆しました。

今でも私史上No.1のグラノーラです。

それ以来、色んなグラノーラ専門店を訪れたりネットで買ってみるようになり、

 

次第に自分でも作るようにもなりました。

以来、シンプルがゆえに奥深いグラノーラの魅力にどっぷりハマっています。

これが、グラノーラの派閥だ!

 

今まで食べてきた市販と専門店のグラノーラを基に、

食感(サクサク→カリカリと 形状(塊→バラバラ)の軸で

系統を分けた図を作ってみました。(超個人的な見解です)

一般的に味やフレーバーの違いに注目されがちなグラノーラですが、食感と形状でもこんなに系統が分かれます。それぞれに魅力があります!

市販と専門店グラノーラの食感と形状による系統分類表

右上の青色「スタンダード」

多くのグラノーラ専門店が分類されるスタンダードなグラノーラです。パラパラとした形状で程よいサクサク感が味わえます。

グラノーラの走りとして有名な目黒にあるGMTのベーシックな種類のグラノーラや、世田谷のGANORIがこの辺に入ります。

左側の水色「おやつ」

左側は、形状がところどころ塊の、そのまま食べられるおやつ的なグラノーラです。

OYATSUYASUNはサクサクとした軽い食感が特徴的で、市販で有名なフルグラはちょっと塊が入りつつ食感がハッキリとするこの位置に入り、

なかしましほさんのフードムードグラノーラは、ボリボリっとした硬い食感が、

LOVECRUNCHは、さらにザクザクっとした硬い食感となっていきます。

右下のグレー「カリカリ」

形状はパラパラだけどカリカリの食感を持つ特殊なグラノーラです。今まで食べた中で、ここに該当するものは、GMTのノンオイルグラノーラしか知りません。

ノンオイルグラノーラとは、オイルを一切使わずに甘味料(メープルシロップと蜂蜜)のみで焼いたものです。

カリカリの食感が特徴的で、ファンも多いです。

オススメのレシピ

グラノーラは、誰でも簡単に作れちゃいます。

ネット上にもたくっさんレシピがありますが、その中で特にお気に入りの料理研究家のレシピをご紹介します。

「スタンダード」エリア代表

参考 栗原はるみさんのフルーツグラノーラ雪印

栗原はるみさんが作る、ザ・王道のグラノーラです。オイルの種類、ドライフルーツやナッツもお好みのものを。

参考 ココナッツ尽くしグラノーラクロワッサン

白崎裕子さんが作る、ココナッツオイル、ココナッツシュガー、ココナッツファインを使用したグラノーラ。ココナッツ好きはぜひ。

「おやつ」エリア代表

参考 グラノーラ byなかしましほきょうの料理

なかしましほさんが作る、ゴロゴロとしたグラノーラ。塊ができるザクザクのおやつ系です。これもフルーツとナッツはお好みで!

「超簡単」グラノーラスイーツ

番外編で、グラノーラを活用した超簡単なスイーツレシピを2つ紹介します。

参考 チョコレートクランチ北欧暮らしの道具店

溶かしたチョコレートにグラノーラを加えて冷やす、簡単おやつ。

参考 マシュマロで簡単!グラノーラバーNadia

マシュマロを使って電子レンジで簡単に作れちゃうレシピです。

自分好みにグラノーラが作れるレシピ本

もっと自分好みのグラノーラを作るなら、こちらのレシピ本がおすすめです。「Granola by DIY」のタイトル通り、自分の好きな組み合わせでグラノーラを作れます。


オーブンとフライパンを使った基本的な作り方からオイル、つなぎ、オートミール、ナッツ等の基本的な配分比率などが紹介されています。

自分の好みを見つけよう

フルーツやメープルといった味のフレーバーだけでなく、食感や形状でも色々な種類のグラノーラがあることをお分りいただけたでしょうか!?

ぜひ自分好みのグラノーラを探してみてください。

きっとハマる1つが見つかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA