長女がスーパーでキャベツを見かけて歌い出した歌に大慌て

歌いたい盛りの4歳児、うーちゃん。

自転車の後ろでもバスの中でも、

どこでだって大音量で歌い出しちゃいます。

 

「だって歌いたいんだもん」(そう言われましても)

 

保育園で季節の歌や手遊びをたくさん覚えてきて、

家で披露する姿は一生懸命でかわいいです。

まだまだ子供らしいなあと思います。

 

そんなお歌好きのうーちゃんですが、

先日、スーパーで子供用の小さいカゴを持ってお買い物をしていた時のこと。

カゴの中身は、好きなしらすと、そらちゃん用のヨーグルト。

 

弟のものを選んであげてる中身が微笑ましくて、

写真を撮っていると・・・

 

右側にキャベツを発見!

 

キャベツが視野に入るやいなや、

 

「♪キャッベツーのっ

なっかかーら

あおむっしー、出ったっよ!

ぴっ!ぴっ!

おとうさんあおっむしー♪」

(大音量)

 

あああああああ

スーパーで歌っちゃだめなやつーーーーーー!!!!

 

と慌てて止めましたが、

うーちゃんは

「なんで?」とキョトンとしていました。

(ピュアな眼差しが眩しい・・・)

 

この歌、最初に聞いたときは歌詞が強烈だったんですが、

テンポ良いリズムで、結構私も口ずさんでしまいます。

 

こちらの童謡を保育園が今風にアレンジしたみたいです。

さすが先生。子供たちの心をがっちり掴んでます。

 

最後にちゃんとオチがあるところが素敵ですよね!

キャッベツーのっ、なっかかーらっ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA